Calendar

2017 年 8 月
« 3 月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー

StatPress

Visits today: 124

海soraの農家日記(memories of しまのわ)

「サイクリングしまのわ」、皆さん完走された頃かな?

3月21日から10月26日まで7ヶ月に渡る広島・愛媛の共同イベント「瀬戸内しま博覧会 瀬戸内しまのわ2014」も閉幕

僕も民間企画やメインイベントを通じて関わってきました。

まだ開幕前の3月16日に「しまのわクリーアップDay2014」と銘打って清掃活動

————-

しまのわクリーンアップday 2014

わたしたちに出来る力を持ち寄って、清掃し、ゴミを捨てない意識を高める思いを『しまのわ』に。

もうひとつの、瀬戸内しま博覧会「瀬戸内しまのわ」始めます。

1458452_10203352078352878_252722931_n

————-

4月13日。大島「みやくぼ・浜のマルシェ」寒い雨の中での出店でした。

1609565_723973387623360_4413399198662365521_n

————-

4月20日。大三島・上浦町で行われた「しまからFACTORY」。この日はスタッフで駐車場係

img_2541

————-

5月3日。藤まつりと同時開催の大三島参道マーケット

参道結婚式もあって来場者数3000人と大盛況でした。

img_4357

————-

6月1日。宗方櫂伝馬・十七夜祭

200年以上の歴史を持つ十七夜祭をイベントとして復活(^^

地域のみなさんの笑顔が今でも思い出されます

e8ae9ae38286efbdbce6999eefbda6efbdac_140601_e88ea8e9a198e999b8e89daaefbdbe_e8ae9ae38286efbdbce6999eefbda6efbdac_mg_7966

————-

7月19日。三島水軍鶴姫まつり

鶴姫役にタレントの河北麻友子さんを迎えてのアトラクションもあってこちらも大盛況

5v1a2159

8,9月は特になく。遅れまくっている農作業に従事(^^

ここからラストスパート、怒涛の10月…

————-

10月4日。Shima Jam 2014 in 大島(”しまのわ”では無いので番外編?)

愛媛の島々を舞台とした音楽祭 Shima Jam

10683530_693639354054814_3147288035920429292_o

————-

10月11日。大三島参道マーケット開催

今回も参道結婚式ありの今は使われていないスナック純(旧伊予銀行宮浦支店)を使ってのステージ演奏などで盛り上がり

1604693_549219061890886_858148270111847993_n

————-

10月13日。『みかんの運動会』この日、台風直撃で安全を最優先でイベントを中断するという事態になりました。

10620812_339098369593465_2584713880390097209_n

————-

10月19日。大島のよしうみバラまつりへ出店

愛媛県知事がびっくりの来店(^^

10649914_814833868537311_8372867395716956675_n

————-

10月25日。 FINAL SYMPOSIUM

しまのわ総合プロデューサーのご指名?でパネリストとして登壇

緊張してて何喋ったか思い出せない(^^;

10639629_817506691603362_583879899921349946_n 10590567_817506708270027_7234992660565144047_n

————-

10月26日。最後の日はサイクリストの応援を兼ねて勝手に峠の茶屋開設(^^

1時間半ほどの間でしたが沢山の方にご利用頂きました

10455107_817872518233446_9170156986934915016_n 1524754_817875354899829_6230319957713708506_n

————-

7ヶ月にわたるイベントでしたが始まってみたらあっという間でした。

こんなに体調に気を使う年は無かった(^^

怪我してはいけないので危険な遊び?。登山、沢登り、渓流釣、鮎釣り等全て封印。

一番の想い出は

「しまのわ(和、輪)を通じて、交流会などで島や地域を超えた繋がりを持てた事。イベントが終わっても繋がりは残るから」

「瀬戸内しま博覧会 瀬戸内しまのわ2014」 ありがとう(^^

海soraの農家日記(八月の祭り)

旧暦8月15日に近い日曜日に行われる島の祭り。

今年もありがたい事に神輿を担ぐお役をいただきました

こうして地元のお祭りに読んで頂き参加させていただけることに本当に感謝感謝

前々日に音頭の練習も終えて準備万端?

img_3282

今年は9月7日と言う異例の早さだったので暑さが心配されていましたが当日は曇天で涼し~(^^

img_3284

女将が宮出しの写真撮ってくれました

10686917_794544170566281_670891428831028452_n

当屋へついて「させ、させ」の掛け声に答えて神輿を差し上げ。

10686716_794544137232951_286220476264946728_n-1

この後、宮入りを済ませ。夜の部は宗方名物の俄(にわか)

img_3291

今年も無事にお祭りが終わりました。

今宵、十三夜で月も綺麗

img_3288

前に宮司さんに聞いた話

——————————-

神道における神とは自然そのもの

気象、地理地形に始まりあらゆる事象に「神」の存在を認める。いわゆる「八百万の神々」であると

人(生き物全て)がその自然を感じ取り自然の中で調和とりながら生活する為の知恵や知識のヒントを

与えたり少し手伝ってあげたり。それが、日本の「神」がやっていた仕事の一つである。

日本人にとって「神」は、とても身近な存在であるということ

そして「明治天皇」の御歌を紹介してくださり

『眼に見えぬ神に向かひて恥ぢざるは人の心のまことなりけり』

*眼に見える相手が目の前にいれば、その相手に相対応することが出来る

神は眼には見えない。誰が見ていなくても、神だけは何処からでも見ていられる

神に向かっても恥づかしくない自分を持続け得るのは、

その人の「誠」以外にはない

常に何処にあってもいつでも、人の道として大切なことは「誠」の心である

——————————-

大三島に来て自然相手に暮らすことによって本当に大切なものを教えられる毎日です

海soraの農家日記(夏の想いで)

「竹原市長杯 Takehara’s Cup 竹原櫂伝馬競漕」へ今年もGO!

今年は、TEAM 宗方シルバーボーイズで参戦。

1戦目に勝利し、3位決定戦前に20分間のインタバル。

この時すでに3回も漕いでいるので全クルーかなりきています

img_3036

結果4位に終わりましたが4回も櫂伝馬漕げてフラフラ(^^;

10代の女子にみんなやられて、今年の優勝はなんと「ひめ」TEAM

実はシルバーボーイズも2回戦で負けました…

(20秒ルールがあって女子チームは20秒先行してから男子チームが追っかけるというハードさ)

1ヶ月毎日練習していたそうで櫂もあっていて強豪でした。

おめでとうございます(^^

img_3037 img_3039

梅雨が明けて大三島鶴姫まつりに始まって8月最後の土曜日に行われる竹原遠征。

ここで花火を見て皆でバーベキューするのが恒例行事です

img_3201

明日は、大三島憩の家で「宗方バル」

憩の家のグランドに櫂伝馬船を置いてその周りをテントの架構で囲み防風ネット張ってブルーライトで装飾。

バル(いわゆるバー)の出来上がり。

img_3025 img_3029

8月31日 18時 Open

大三島のおしゃれな空間で飲めます(^^

img_3033

もう秋ですね、9月7日は地方祭。

今年は【駕輿丁(かよちょう、かいちょう)・・・神輿の担ぎ手】のお役をいただきました

海soraの農家日記(しまなみ歌舞伎)

7日の当日を迎えるにあたり、海老様のブログチェック(^^

ちょっとパロってfacebookに投稿。怒られては困るのですぐに正体を現す弱気な人です

海老様宮浦港(☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

img_2719

実はこいつです(^^;

img_2720

いつもは麦わらかタオル巻なんですが今日は現場作業員なのでヘルメット姿

10441340_604978242942661_8814247864363066506_n

大山祇神社境内に作られた巨大な舞台…

img_2716

8日は13;00からここで

歌舞伎ワークショップ

(1)日 時 平成 26 年 6 月 8 日(日) 13:00~14:00 雨天決行・荒天中止

(2)会 場 大山祇神社特設舞台(今治市大三島町宮浦) 入場無料

(3)内 容 しまなみの伝統芸能ワークショップ(太鼓)

歌舞伎のみかた(成田屋一門)

※本舞台にてレクチャー&デモンストレーション式により実施

チケットを持っていない人も本舞台で歌舞伎にふれるチャンスです。

沢山のご参加お待ち申し上げております

海soraの農家日記(御田植祭)

今日は旧暦の5月5日。大山祇神社で執り行われた御田植祭に神役・神輿守のご奉仕に行ってまいりました。

年に2回、春に御田植。秋に抜穂とあります。

11時半に現場到着。ってどうもまだイベント気分が抜けない(^^

img_2699

いつもは11時半に行くと一人ぼっちなのに今回は新顔?の方がいっぱいですでに10名程がこられていました。

暫くして着替えを済ませて回廊の外に出ると沢山のカメラマン(どシロート)。

今まで神輿守がシロートカメラマンの餌食?になることはなかったのに今年の「しまのわ」効果恐るべし…

img_2698

「こっち向いて笑って」と言われ思わず苦笑い(^^; それをパシャパシャ

iPhoneいじってると「あぁ~今時の画。もっと笑いながら触って」と言われ情けない笑い(^^; それもまたパシャパシャ

ちょうど女将が撮影しに来たので拝殿前でポーズ?とるとあっという間に撮影会となりパシャパシャパシャパシャ…

被写体として申し訳なく、思わず謝りそうになった(^^

img_2701

旧暦の5月5日梅雨入りしそうですね、やっぱり日本人は旧暦で暮らすべき。

お役を終えて三島宮司が

「明治になって太陽暦が採用され祭り事も新暦で行うように通達がありました。

何年かはそのようにしましたがやはり旧暦に戻し現在に至っております。これからもこの日に行えるように皆様のご奉仕に頼るものであります。

今後も、ご奉仕にご協力お願い致しますと共にお礼の言葉に代えさせていただきます」

と、締めくくられました。