Calendar

2017 年 11 月
« 3 月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリー

StatPress

Visits today: 93

海soraの農家日記(大人の夏休み2014)

世間がお盆休みの時は働き、遊び場が空いてからが僕の夏休み(^^

毎年、和歌山の友人が川遊びへ連れ出してくれます。

恒例の古座川ツーリングへGO!

8月に入って雨(というか豪雨ですね)が多くてこの日スタートはかなり下流の高瀬橋から。

ゴールまで約7kmで水量も多く普通に漕ぐと1時間で終了するので大人はダラダラと準備し、子供達は石投げで遊ぶ(^^

img_2978

スタートしても2kmくらいで休憩を繰り返します

img_2982

あっという間に飛び込み岩に到着。

最近はこういうの流行ってるのか?サーフボードみたいなのに立ち乗りしてパドルで漕ぐ人

なんか面白そうじゃないんですけど…

img_2985

次の日も一日、川で遊んで大人の夏休み(その1?)終了。

img_2987

後は頑張って畑仕事再開。だいぶ涼しくなってきて嬉しい(^^

海soraの農家日記(真夏のカヤックフィッシング。やめといた方が良い)

今日は今年一番暑い日(だったと思ふ…)

まぁ、10時過ぎたら暑くて畑行けんし。釣りでも行くかと

カヤックを引っ張り出して行ってみました(^^

今日の仕掛けは、「ひとつテンヤ」(名前の由来とかは全く知らない)

ロッドは最近お気に入りのメーカーAnglersRepublic社製のRufus。とにかく軽くて使いやすい

img_1140

釣り始めてすぐにHit!

きたよ~イソベラ…喰えないのでお帰り願う

img_1142

干潮から潮が動き始めたかな?っと思ったらHit!

30cmのホゴ(ガシラ)自己最長だ(^^

すぐにfacebookにUP。だいたいこういう事すると後が続かない…

img_1145

この後、修行タイムに突入

途中、カヤックの下にどんだけおんねんっていうくらいの群れ

フィッシュマークだらけでアラーム鳴りっぱなし(中層で)

img_1148

11時半も回ってお腹もすいたのでプライベートビーチにカヤックを着けてお家に帰り昼食

シャワーも浴びて、ちと休憩。優雅や(^^

1時から午後の部開始

きたよ~ 40cmのコチ。ヌルヌルして捌きにくいので嫌いなんだけど喰えば美味いのでキープ(^^

これもfacebookにUPしたらその後、続かず終了

img_1152

まぁ、今日は海上も風がなくてホントに暑かった。「こんな暑い日は、やめとけって」

img_1156

カヤックに屋根着けたい。マジ

明日はホゴの刺身とコチの竜田揚げだ(^^

海soraの農家日記(大人の夏休み・その1)

早くも8月に入り今年も”大人の夏休み”がやってきた(^^

1日目

早速、近所の川へ泳ぎに行く

最近川遊びが流行っているのか日曜日ともあってメジャースポットは人でいっぱい

まぁ我慢できる範囲でもあったがBBQまで始まりだしたので上流に避難(^^;

崖崩れの工事現場を過ぎて少し上がると誰もいない穴場発見。(こういう時は、感と言うか鼻が利く)

だれもいなくて悠々

箱メガネで水中を覗きながら流れて行く人

みんなそれぞれの遊び方で楽しんでいる。優雅や(^^

img_1045 img_1046

帰り道。白浜海水浴場横を通ると砂浜が見えないくらいの人ごみ

たぶん身動きとれないくらいの混雑で芋洗い…恐るべし白浜

img_10501

2日目

朝から昨日の場所に来てやっぱり川遊び

「大人の夏休みは夏空の下で川遊び」ここで鮎4匹捕った(^^

img_10581 img_1078

子供達も飛び込んだり思い思いに楽しむ

夕方になって帰ろうと言っても「えぇ~なんで~」とあたり前のように言うこと聞かない(^^;

そりゃ楽しいもんね

img_1069 img_1081

3日目

この日は古座から「クジラ乗」ではなくホエールウオッチング(^^

img_1088

午前9時出航。この日は満員で20数名が乗船

波もなく(波高30cmくらいか)風も少しあって快適!

出航間もなく船長の指示「私らも探しますが皆さんもクジラ探してくださいね。海面にヒレが見えますから」と

これは船酔いさせないための良い方法だと思った

釣り船集団近くを通った時に暇だったので思わずエアージギング(^^

img_1100

鰹が釣れてるそうです

出航して30分

かなり沖合に出るがイルカもクジラも見つからず海上を彷徨う…

img_1094

出航1時間

凪なのに約3分の1が船酔いで脱落(^^;

そんな中、ついにクジラ出現。脱落していた人も急に復活したりしてこっちの方が面白かった(^^

ハナゴンドウクジラ。正確には、ハナゴンドウと言ってハクジラ亜目マイルカ科でゴンドウクジラ型のイルカ

まぁそれでもヒレが見えて体を浮かべて回ったりと楽しい

img_1104 img_1113

その後も捜索に出るが出現せず。それよりも乗客の3分の2が脱落…

img_1114

昼前にはホエールウオッチングも終了しもう一つの目的地

やっぱり川遊びするために古座川支流・小川へ向かう

陸上からみても明らかに昨日までとは川の質が違う

もぐってみると「どんだけおんねん」て言うくらいの鮎

p8051279 p8051277 p8061285

絶対お勧め。と、いってもどこから行くにもかなり遠いのが難点(^^;

一緒に遊んでくれた皆さん、本当にありがとう。すっかりリフレッシュしました

海soraの農家日記(石鎚山)

四国に引っ越してきてからずっと登ってみたかった石鎚山への登頂。

面河川へは何回も沢登や渓流釣りに行ってたんですが登頂は初めて。

友達の健ちゃんと3日ほど前に急きょ決行する事に。

と言っても今回のコースは「幼稚園の時に登った」とか言う人もいる土小屋コースで往復約4時間

お家を6時に出発。10時前には出発点の土小屋へ到着

さて、登るよ~。遠くに石鎚山頂を望む

img_0975 img_0978

下界(と言っても土小屋で標高1492m)から30分ほども歩くと熊笹の茂る場所に出て風が通って気持ちいい(^^

img_0979

緩やかな登りが続くので良いペースで歩いて行くとあっという間に成就出会い

この先にお待ちかね「二の鎖場」。ここで小休止しながら昼ごはん(頂上まで待てば良いのに、これがいかんかった)

img_0984

二の鎖場です

img_0988

登りながらも余裕の自分撮りかます(^^

img_0989

三の鎖は残念ながら工事中につき通行止め…

img_0999

次回、9月のリベンジを誓う

三の鎖迂回路を10分ほど歩くと石鎚山頂に到着

ノンアルコールで乾杯

img_0991

石鎚神社山頂社にあった看板

img_0998

えっ、御神像に触って良いのか?KISSはダメみたいだけど

参拝を済ませ横の扉に入口とあったので入ろうかと思ったら宮司に”ダメ”と×サインされた(^^;

これはどうも山開きの時の信者の皆さん向けの案内でした

石鎚と言えばもう一つ。天狗岳を目指す

img_0993

ここはもう、パワー貰いまくりでした

最高に気持ちいい

一緒に行った健ちゃんもご満悦

945767_638720776168275_1931585813_n img_0997

じゅうぶん満喫したのでサクサクと1時間ほど下って今回の登山は終了

無事に下山出来て感謝

惜しむらくは三の鎖登れなかった事と、山頂でiPhone “やわらか銀行”がOut of range で登頂をfacebookにアップ出来なかった事

でも、楽しい登山でした

海soraの農家日記(こどもの日)

今日は完全にオフと決めて朝から釣りに行く

ターゲットは鯛!

今回はカヤックに秘密兵器を装着しました(^^

HONDEX PS-501CNいわゆる魚探。電池で動くし軽量コンパクトなのでカヤッカーには最適

早速、装着して出艇。鯛ラバはFREE SLIDEの赤(ホントかどうか知らないが九州ではこれでしか釣れないと言われている)

img_0628

駆け下がりから平坦になったところで水深40m前後にポイントを絞ります

ちなみに前回はこんな事できません。魚探ってこれだけですごいと思ってしまう

img_0630

暫く釣ってみるもアタリもないので鯛ラバをいつものにチェンジ

すぐにHIT! 約40cmの鯛GET やた!(^^v

img_0629

ちなみにこの時、魚探には反応出てませんでした

やり取りに必死で釣ったポイントをマークすんの忘れた…というか予習してないのでマークの仕方わからんし

だいたい、魚掛ってマーク出来る気持ちの余裕まだない

時計はお昼を回っていたので仕掛けをサビキに変えて置き竿にしながら船上ランチ(^^

img_0631 img_0632

この後は予想通り修行タイムに突入…

釣れへんし眠いなぁと思っていると突然フィッシュマークがでてアラームが鳴りはじめる

まるで目覚まし時計(^^。ホント魚探って凄い

img_0595

潮も変わってきたので大きく場所移動(普通のボートと違って陸に上がってカヤックを車に積んで移動)

仕掛けをサビキに変えて潮に乗せて流しながらメバルを拾い釣り(猫ちゃん用)

img_0634

遊んでると時間の過ぎるのも早いもので日も傾き。5時を過ぎたので納竿

御褒美のような良い一日であった(^^