Calendar

2009 年 7 月
« 6 月   8 月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

StatPress

Visits today: 64

海soraの農家日記(宝)

今日は法事に呼ばれて島にあります某お寺へ行ってきました

本堂の建て替え時に一度、演奏を頼まれ訪れたことがあったのですがその時はまだ建築中でしたので今回初めて中に入りました

まず目に入るのは見事な襖絵 日本画家で桜を描く画家として有名な 中島千波画伯の作品です 題材は【醍醐の枝垂れ桜】花びらの一枚一枚が繊細に描かれています。『散る桜 残る桜も 散る桜』という詩もあり『いずれ等しくやがては死を迎える運命を秘めている』という意味だそうです。良いものを見せていただきました

写真を撮らせていただいたのですがデジカメを持っていませんでしたので携帯でパシャパシャと・・・機会があればどうぞ本物をごらんください

4枚に描かれていますが本堂では2枚づつ左右に約3間離れてはめられていますので4枚続きで観賞できることはなさそうです

20090705100112_120090705100051_1

千波画伯のサイン(とは言わないのか?)

20090705101008 20090705101036

そういえば先日、僕の友人が奈良・東大寺で偶然というか必然の縁で自分の名前の一文字が入った素晴らしい色紙をいただいたようです。これも家宝ですね。なんとなくこの2日ほどは心穏やかに過ごせております(あんまり動いていないからかな?)