Calendar

2009 年 7 月
« 6 月   8 月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

StatPress

Visits today: 33

海soraの農家日記(芸4)

今日は雑ネタというか八重山ネタ
今年の5月に某三線のネットショップで【沖縄三線絹糸】と言うのを見つけました
『今から30年ほど前までよく使われ、皆様から復刻のご要望を数多くいただきました、正絹三線糸。古来より受け継がれる、奥深い絹糸の音色をご堪能下さい』とあり即購入(^^
送られてきた糸に張り替えて弾いてみますと確かに音色がハリのある中にも柔らかさがあってナイロン弦とは違います。色合いもちょっとベージュ系?でいい感じ

張り替えたばかりの弦はどんどん伸びますので最初から引っ張りながら張ります
調弦し気持ちよく弾いているとどんどん音程が下がっていきます。(もちろん一曲持ちませんが張りながら持ちこたえます)
その後、何回弾いてもやっぱり下がります。一か月ほど格闘?しましが、とうとう女弦が切れました(- -;(一か月格闘しましたが結局納まらず)
僕にはまだ早かったのか?結局ナイロン弦に戻しました

p7110924 p7110927

久しぶりにナイロン弦を引くと音が硬く感じられますが何日か弾いていると伸びも納まりハリのある音が気持ちいいです

今年9月に八重山古典音楽コンクールの優秀賞を受ける予定(あくまで予定ですからね)で今、練習中です
流石に課題曲も難しいです
今、唄っていて好きなのは【蔵ぬぱな節】(うらぬぱな)
ただ、こういう曲は背景というか情景が浮かんでこないので意味をつかむのが難しくどうもウマくないのです
その点でいけば小浜節とか鳩間節とか良いですね。唄いやすい感じがします(誤解のないように言いますと決して簡単とか言うことではないですよ)
僕が9年前に新人賞を受けた時も鳩間節でした。そういえばmixiのプロフィールの画像は10年前に鳩間・仲岡で鳩間節を唄う僕です

同・新人賞をいただいたのが平成12年10月ですから早9年がたちました。月日の流れるのは本当に早いですね