Calendar

2009 年 9 月
« 8 月   10 月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

カテゴリー

StatPress

Visits today: 123

海soraの農家日記(畑14)

約1週間ぶりに帰ってきましたら早速お友達が遊びに来てくれました(^^ (傷心が癒されました。ありがとう)

10月から収穫する畑に皆で行きますと ずいぶんと色づいていてビックリ! 9月に入って一気に涼しくなり寒暖差が出て色が着いたようです

出かける前はこんな      帰ってきたらこんな      皆で摘果を手伝ってくれました。ありがと

p91416201 p9221697 p9221698

次の日はみんなで釣りへ最初ぜーんぜん釣れませんでしたが本当にピンポイントを見つけそこに投げ込むと見事に25cmほどのコノシロ(みなさんはコノシトと呼んでいました)が5匹と20cmくらいの鯛が釣れました。ヤッタ! コノシロは酢漬けにして頂きました

p9231700 p9231701 p9231702 p9231703

話題は少し戻って蜜柑ですが今年は例年より遅いかと思っていたのですが予定より早く収穫時期がきそうです

海soraの予定では10月5日(4日が満月の大潮です)から収穫予定。今日、皆さんに蜜柑のご案内をお送りしましたのでご注文お願いしますね(^^

*5日収穫は予定です。天候や御注文状況によって遅れることもありますのでご理解いただきますようお願いいたします

海soraの農家日記(芸7続き)

16日は牛小屋のお手伝いとお友達との宴会で一日が終わりました
翌日も師匠は朝から牛の牧草刈りで忙しく。僕が手伝えるところが無いのでお家で一人練習です

p9171679 p9171678

ひとりぼっちかと思いきや僕の後ろでフジエさん(周さんのお母さん)が聞いてくれています。(^^   ときどき一緒に唄ってくれたり 「三線は上等だけど節回しがちょ~っとちがうさぁ」と指導を受けながら楽しい練習です

この日は夕方からもう一人優秀賞を受ける方と一緒に牛小屋で練習し夜にお家で続きの練習と夜中まで猛特訓でした・・・

翌18日。波照間を離れ石垣に向かいます。石垣で今年、最高賞を受ける方二人と合流し後冨底軍団4名が集合。みなさん自分もコンクールを受けるのに僕の練習を見てくれます。赤馬節の最初の部分『いらーさー』の【さー】がうまく回せずというか折れなくて本当にご迷惑をかけました。約4時間かけてやっとまともに唄えるようになり皆で居酒屋へ行きましたが僕は赤馬が気になって先に宿へ戻り練習。22時頃に皆こっそりと帰ってきてドアの外で聞いていてくれたようでずいぶん良くなったとお誉めの言葉

ありがとうございます。とここで次の大浦越地節でまたもや『うーはーぁらぁー くぃつー』の一番大事な【くぃつー】が唄えず今度は夜中の2時まで猛特訓・・・またまた、みなさん自分もコンクールを受けるのに僕の練習を見てくれます。本当にごめんなさい

なんとか覚え明日の(というかもう当日ですが)為に就寝

やってきました【八重山古典音楽コンクール】今年の優秀賞は約80名、最高賞は40名が受けます

p9191686 p9191689

奥の待合で待って一人ずつ試験場に呼ばれます

p9191687 p9191688

結果は残念ながら何度も間違えて途中で打ち切りをされてしまいました。情けない気持ちでいっぱいで泣きそうになりましたが荷物のあるところに戻ってきて着替えを済ませると僕の前で練習していた女性が突然『カラクリ折れた~。先生、どうしよ~』とパニックに・・・師匠が「林くんカラクリ」と言い僕はすぐに男弦のカラクリをあげて彼女は落ち着きを取り戻してコンクールに行きました

p9191690

この後で師匠と二人でカラクリと馬など小物を買うために車で買い出しに行くと自分が情けなかったことやあんなに一生懸命教えてくれた皆に申し訳ない気持ちが入り混じりいきなり大泣きしてしまいました

翌日は最高賞の審査でしたが残念ながら優秀賞も含め4人ともダメでした。最高賞のお二人がダメだったのは僕にも責任がありますね。来年の為に本当に頑張ります。優秀賞は30名が合格、最高賞は6名の合格と狭き門です。市民ホールには綺麗な蓮が咲いていました

p9211695

 

海soraの農家日記(芸7)

21日に八重山古典音楽コンクールを受けるために16日 早朝、広島空港から八重山に向かいます。6年ぶりの石垣に着くと亜熱帯独特の匂いと湿度にどっと汗が…(^^;
そのままタクシに乗り離島桟橋へ行こうとしましたが途中でお金を郵便局で下さなければならないことに気づき運転手さんへ郵便局でいいですと伝えると「えっ、郵便局から離島桟橋まで結構距離ありますよ」と「ああ良いですよ歩きますから」と伝え
郵便局タクシーを降りました。で用事を済ませ離島桟橋へ向かうとあれ???

船が無く船会社の事務所も一切ありません はるか遠くに高速船らしきものと何やら立派な建物・・・新しい離島ターミナルでした(^^

p9161641          p9161642 p9161643 p9161644

こんなところで迷ってしまうなんてすっかり浦島太郎気分です。波照間行き出港まで2時間ほどありましたので近くの公園で一人練習。実は課題曲の赤馬節を譜面を見ずに弾けるようになったのが3日前・・・もう一曲の大浦越路節は沖縄行きの飛行機から必死に覚えています(こんな写真撮ってる間にもっと練習して覚えなきゃあいけないんですが)

公園で一人練習中      新しい離島ターミナルです  いざ、波照間へ。6年ぶりで緊張します

p9161647 p9161648 p9161651 p9161654

波照間島です

p9161663 p9161664

師匠・後冨底周二に迎えられお家に到着するとこちらもまたずいぶんと様子が変わっています

懐かしい研究所の看板 その横には…新たな 【そばカフェ あとふそこ】なんと練習場がカフェ&お土産やになっています

p9161668 p9161667 p9161669 p9161666

galleryコーナーもあったりして すべて手作りで良い感じのお店になっています。お客さんもいっぱい入って大繁盛!

p9161670 p9161671

この後、牛小屋へ行きお手伝い。久しぶりに乗る周さんの軽トラの天井には相変わらず三線があります。ほんと見習わなければいけません

p9161675

と、今日はここまで。コンクールの結果を気にしてくださっている方がたくさんいらっしゃいますので結果報告を先にしますと【残念でした】応援してくださった皆様ありがとうございます。詳細はまた明日(^^

海soraの農家日記(蜂8)

今日のお昼にNEWSを見ていましたら愛媛県宇和島の吉田町で極早生蜜柑の収穫がはじまったと…さすがに早いです
連休前には東京あたりのスーパーなどに並ぶと思います。暖かいので露地でも収穫が早いんですね

こちら大三島でも少しでも早く収穫できるようにと色々やっていたようですがどうしても1ヶ月を埋めることはできずに農協も極早生品種は扱わなくなりました。農協も少しでも早く出荷して良い値段で取引しようとするんですね
少しでも早く出荷したい気持ちもわかりますが完熟していないものを色をつけたりして出荷しても消費者の皆さんは一回食べて美味しくないのでもう買わない -> 余って値段が下がる を繰り返していることに気づいていながら止めれないようです。あっ、吉田町の蜜柑が美味しくないとか言ってるわけではないですよ。念のため
ちなみに家の極早生は収穫までまだ1ヶ月以上かかると思います(^^

さて、海soraの蜂ですが夏の間に僕が管理ミス?でずいぶんと蜂が減ってしまった群がありそれを合同させることにしました
普通、ほかの巣箱の蜂同志をまとめると後から来たのを追い出したりするようですがそこはちゃーんとテクニックがあるようで先生に相談して実行しました

新しい巣箱と継箱を準備   強いほうの蜂群を下の巣箱に移します

p9141626 p9141628 p9141629

その上に新聞紙を一枚   数か所に穴をあけ      継箱をセット

p9141630 p9141631 p9141632

弱っている方の蜂群を継箱に移し完了!

p9141633 p9141634

このまま様子を見ます。上と下お互いの蜂が新聞紙を食い破りながら共同作業をして仲良くなる?のかこれでうまくいくそうです

今日、見てみましたが何となくうまくいってるようです。1週間ほどしたら中を確認してみます

*16日から21日まで沖縄・八重山へ行ってきます(八重山古典音楽コンクール)しばらく留守にしますね(^^

海soraの農家日記(畑13)

久しぶりに畑ネタです
ずいぶんと涼しくなって秋が深まってきているようですね。畑の蜜柑も色づき始めています
よそ様の畑の蜜柑はもうこんなに色が着いています(^^; すご…

p9141618 p9141623 p9141624

これは地面にタイベック(下に白いものが見えますか?)という資材を敷いて太陽光の反射を良くして樹の内側の蜜柑にも光を当てて着色を良くするためのものです。そのほかにも雨の水分もはじいて乾燥状態を保ち蜜柑の糖度を上げる働きもします

さて、海soraの畑は?10月に収穫する畑を見てきました

畑の中で一番色づいているのを見てもこんなもんです。でも今の時期これが普通ですよね?色だけ着いて熟していない蜜柑なんか美味しくないです

p9141619 p9141620 p9141622

家の畑で一番黄色かったのがコレですがこれはいわゆる日焼けで黄色くなったものでもう少ししたら摘果(落とします)

p9141621

ついでに糖度も測ってみました。今の時期にしては充分な10.5 (^^ これから1か月の成長が楽しみです

p9131616 p9131617

もうすぐ最後の摘果作業で蜜柑を落とします。この摘果蜜柑はそのまま剥いて食べるのは難しいですが半分に割ってかぶりつくとか絞って飲むとか。あとはスライスして乾燥させて入浴剤にといろいろ楽しめます。また、このような緑皮柑橘のビタミン等は完熟の何倍もありその効能もいろいろとあるようです(すんません、いっぱいあって書けないです)

摘果した柑橘はほとんど廃棄します。ほしい方がいらっしゃれば差し上げますのでご連絡ください(ただし、送料+箱代は負担してくださいね (^^;)