Calendar

2009 年 11 月
« 10 月   12 月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

カテゴリー

StatPress

Visits today: 136

海soraの農家日記(楽1)

11月28日 姫路から蜜柑狩りに6名の方が来られました。昨年も11月に来られたのですが今年も楽しみにしていたそうです(^^
皆さんお昼前に到着し、海soraの分もお弁当を買ってきてくださいました。一度食べてみたかった噂の福山・ばら弁当です。美味しかった…他にもアナゴ飯、タコ飯もあって瀬戸内セットのような内容でした(全部食べたのでお腹一杯です)

お弁当を食べた後、早速畑へ 空のキャリーを並べて蜜柑狩りスタート!

pb282124 pb282125 pb282126 pb282128

ほんの2時間弱で持って行ったキャリーが一杯に(^^;

pb282132

この後、キャリーの中を見ると。【まぁ何ともえっと…汚いというか不味そうな蜜柑も一杯入っていて】思わず海sora、現地で選果しますと3分の1ほどが廃棄処分に…その様子を見ていた皆さん「うわぁ~蜜柑すててるでぇ」とか「向こうに持って行ったら半分くらい捨てられてる~」と、まるで僕を鬼のように言ってます(-  -; いやっ、あのね…できるだけ美味しいのを持って帰ってもらおうとやってるんですよ。ホント

そんなこんなでワイワイと楽しく蜜柑狩りを終え海sora倉庫に持ち帰って皆で箱詰めします

pb282133 pb282135

全部で27箱できました。それぞれ送り状と箱に入れるメッセージや絵手紙を書き始める方もいて。皆さん素晴らしい(^^

お預かりしてちゃんと送りましたよ。今頃はお届け先に着いているはずです

また、来てくださいね。お待ちしています

海soraの農家日記(技6)

【海sora・はやし亭】訪れる方から時々『渡辺篤史の建もの探訪』にでてきそうや~とお誉めの言葉をいただくことがあります

はやし亭はものすっごくシンプルなお家でして渡辺篤史がきたとしてもお家のことは10分も掛からずに終わり残りの20分は椅子持ち出してデッキで海を眺めて終わると思います(^^

それほどシンプルで使いやすさを徹底的に追求したお家を設計してくれたのが若手建築家・住吉馨(スミヨシ カオル) 【住吉馨建築設計事務所】です
かれとはもう長い付き合いで僕の旅仲間が京都で下宿していた時に同じ下宿に住んでいたのが出会い。当時、そこは家賃月15000円と格安で彼の住んでいた部屋は通称、青の間と呼ばれる部屋でした
その頃は1級建築士の勉強中で「僕が家を建てるときは設計してな」と約束していたのが現実となり。はやし亭女将と3人3カ月以上の議論を繰り返し設計しました

建築に入ると
馨「はやしさん、玄関は高さ1820mmでいいですよね?」
林「何言うてんねんな、平が遊びに来た時に頭ぶつけるやん」
馨「・・・」、「じゃあ客間の高さも1820mmはだめ?」
林「あたりまえやん、平が遊びに来た時に頭ぶつけるやん」
馨「・・・」、「えっとデッキの長さは?」
林「平が足延ばしてはみでえへん長さ」
馨「・・・」、「2mくらいある人ですか?ジャイアント馬場???」

長い前振りでしたが先日、援農隊で来てくれたのがその平君。僕は彼が来てくれるのを3年半待ち続けていたわけです。これで設計が正しかったか証明される(^^

まずは玄関。クリアー パチパチ! つづいて客間 ギッリギリですがセ~~~フッ!

pb232099 pb232100 pb232101

デッキは楽々クリア!やった!!     この後、僕の部屋で照明に頭ぶつけていました・・・(^^;

pb232098

平君、本職は鍼灸師、マッサージ、柔道整体師等の資格をもつ立派な先生なんですね。この日も昼間、畑仕事をした後、夜に特別整体を施してくれました

まずはドラミ(なんで・・・)一瞬逃げ出そうとしましたが捕獲されそのあとは気持ちよさげでホゲホゲ (^^

pb232095 pb232097

この後、海soraも

pb222092

こうしていろんな方々にお世話になり支えられている海soraです。皆さん本当にありがとうございます

海soraの農家日記(畑22)

さて、この連休も援農隊?がやってきてくれました(^^ 海sora大歓迎!嬉しいです
ひと組目はSアンドQさんとその息子(コウヘイ)さんです。SアンドQさんはもう何度も大三島に来られていて島民みたい…
今回はコウヘイ君にも大三島を見せたいとやってきました。目的は蜜柑畑のお手伝い&太刀魚の夜釣り&朝の鱚釣りです。つまり畑以外にも食糧調達の使命が待っています
もう一人は古くからの友人で、デッカイけど平(タイラ)君。彼とは波照間繋がりで一緒に波照間で過ごしたことはないのですがなぜか不思議な連帯感で繋がっています

SアンドQさんは21日の朝に大阪を出発されたのですが途中で事故渋滞に何度か巻き込まれ着いたのが午後3時前・・・

みんな到着後、海soraに早速畑に連れて行かれます(^^;

男4人で収穫へ。約2時間の作業であっというまの200kg収穫。やたっ!

22日の朝は平君は畑に連行? もうひと組のSアンドQさん一家は食糧調達です

畑で収穫作業中の平君(畑の手伝いが楽しい?のか笑顔です)。力仕事もお手の物で海sora大助かり

pb222077 pb222078 pb222079

お昼にお家へ帰ると食糧調達チームも帰宅。2時間で25匹のキスが釣れました。お見事!

pb222081 pb222082

これは夜に食べることとし畑チームは昼からも作業に出かけます。この日は昼から弱い雨が降って海sora本来ならぜったいに畑には行かないのですが平君が「畑いきましょうよ~」と僕をけしかけますので収穫作業以外で今のうちにやっておきたかった仕事に出かけます

ここはお正月用の蜜柑を収穫する畑。一杯生って垂れ下がった枝を吊ります

pb222084 pb222086 pb222087

雨上がりにはイノシシが畑に出てきて荒らしますのでフェンスを設置

pb222083

夜は手前から食糧調達チームの釣った鱚の天麩羅、昨夜釣ったアナゴのヒツまぶし、鱚の刺身と豪華版です。キスもアナゴも今まで食べた中で一番美味しかったです(^^

pb222088

えっと、みなさん何が楽しいのか?(というか楽しいそうです)畑仕事を手伝いに来てくださいます。本当にありがたし。感謝感謝

また来てくださいね

海soraの農家日記(畑21)

11月から収穫の始まった早生蜜柑の畑も終わりに近づいています

10月26日にはこんなでしたが 今日はこんなです(あまり違い判りませんか?)

pa261880 pb202068

そろそろ次の畑の準備にかかります(こちらの畑の残りはまたまた明浜のジュース加工場に行くことになります)
次の畑はこちら南柑20号という品種です。これも収穫が始まっているところもありますが海soraではまだ味が出ていませんのでもう少し待つことにしました。本当の収穫時期は12月になってからだと思うのですがなぜ早く収穫するかというとこの蜜柑は皮がポコポコに浮きやすい品種なのでそうなる前に収穫してしまおうということなのです。海soraでは樹上完熟を目指していますのでそれまでまって皮が浮いていない蜜柑を収穫して出荷します

12月からの畑 こんな海を見ながらの作業が待っています(^^

pb202069 pb202070 pb202071

5個ほど持ち帰りサンプル調査。糖度を測ってみましたが11度と低いので収穫までもう少し掛かりますね

pb202073

同じく12月に収穫するもう一つの畑に行きました。順番に収穫しないと畑に入れないくらい生っています(^^

pb202074

糖度を測ってみましたが既に12度を超えていますのでこちらの方が収穫が早くなるかも知れません

pb202076

畑はほとんどが海の見える所にあって気持ちいです。皆さんも手伝いにきませんか?

海soraの農家日記(商2続のつづき)

さて、瓶詰された海sora蜜柑ジュースですがまだ旅は続きます。出来上がったジュースはキャリーに18本づつ入れられてお風呂場?へ。ジュースも熱いですが殺菌洗浄されたビンも熱くなっていますのでここで2段階で冷やされます。しかもできるだけ早く冷ますためにまず 1.ぬるま湯(手をつけてみましたがだいたい32℃と見た!) 2.水温20度(と見た!)

キャリーに並べられたジュース こちらお風呂?       出来上がった順にザブンとご入浴

pb122008 pb122009 pb122012 pb122013

次々にジュースが出来上がってきます ここまで自動で瓶詰されてきましたが最後は手動で調整しながら最後のジュースができて終了。時間にして約1時間

pb122010 pb122017 pb122020

まだ続くジュースの旅。冷やされたジュースは検品場へ運ばれて一本づつ丁寧にcheckされます。ここではビンのcheckとジュースに不純物が混入されていないかを見ています

出来上がりを並べ                       光にかざしてcheck(けして飲んでいるのではなく・・・)

pb122021 pb122022 pb122028

すべて終了!時間にして約2時間の行程でした

出来上がりのジュースはもってきたコンテナに詰めらてそれを軽トラに積み込みます

pb122029 pb1220301

全部で250本できました(^^ 新しい商品の完成です

pb172065

明浜ふるさと創生館の皆様本当にありがとうございました。工場長と話をしているとこちらで特にこだわっているのは
1.皮ごと搾る為に栄養価が高い。更に皮から香り成分が抽出されるので製品の香りが違う(本当に自然な香りで香料とは全くの別物)

2.殺菌温度にこだわっている。1℃、2℃の違いがものすごく味に影響するので何度も試行錯誤の末86℃殺菌している

3.ペットボトルではなくビン! ビンと栓は品質保持のためには最良の組み合わせで良いもの(ジュース)は良い容器に入れなくてはダメ

ということでした。おかげさまで本当に良いものができて海soraもうれしいです。 

蜜柑ジュース1L入り(海sora有機栽培蜜柑100%)

賞味期限1年(2010年11月11日)

(本当は2年は大丈夫だそうですが風味が損なわれる可能性があるので1年としているようです)

開栓後要冷蔵。お早めにお飲みください

一本700円で販売します。蜜柑との同梱もお受けいたします。また、ご贈答にもどうぞお使いください

お問い合わせ、ご注文はこちらまで -> shop@stb-jp.com

海soraもちょっとこだわってラベルは無しにしました(ラベル付きで飲まれた後に捨てられるのも忍びないので)。そのかわり【花結び】で結んだ紐にタグを付けています。この花結びはご購入後にストラップなどにお使いください