Calendar

2011 年 4 月
« 3 月   5 月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー

StatPress

Visits today: 123

海soraの農家日記(藤祭り2011)

今年の藤祭りも無事に終了しました
ご来場いただいた皆様、御出演くださった皆様、スタッフの皆様も本当にありがとうございました
今年は昨年からの天候不順の影響もあって藤の花が少ない藤祭りでしたが沢山の御客様で賑わいました

ありがたいことです(^^

出演者の皆さんは「はやし亭」に前日入り。今年も真夜中まで続く Practise。もう、何時まで続くのか判らないので僕は早めに就寝zzz

朝からステージのセット 浜さんの仕事場は豪華な出来?

pict0015_1

スタートはギターデュオ 山田恵範&岡崎泰正 岡崎さんは初めての大三島。大三島の印象はどうだったでしょうか?
ステージはギターインストあり、70’sフォーク沢山といった内容で今までにない構成で皆さん口ずさんで楽しそうでした

pict0017_1 pict0016_1

今年の総合司会は吉川愛美(よしかわめぐみ)さん。流石に見事な進行でイベントが始まると僕の仕事はほとんど無いです

続いて アルパアンサンブル「ラス・マンダリーナス」のケイコさんとトミさん
トミさんは昨年のイベントではお手伝いで来てくれたのですが今年は演奏者としての参加! やりましたね(^^

pict0028_1 pict0029_1

3組目は、MAYAのリーダー橋本さんとタンタナクイの近藤さんによるスペシャルユニット。グループ名は…忘れました(ステージ上で本人も間違えていたくらいなので)

pict0035_1 pict0042_1

ケーナ2重奏から始まり。チンドンでおなじみの「竹に雀」「青島(チンタオ)マーチ」まで出てきてそれはもうバラエティに富んだ内容でした
実は橋本さんに出演をお願いしたのは急なことで前日に家に来てからもお二人でずっと合せていてその姿は、流石にプロの演奏家(因みにチンドンマーチは当日の朝に急遽やることに決めたそうですが(^^; )

お手伝いに来てくれた皆さんも本当にありがとうございました
おかげさまで盛況のうちに終了。打ち上げも盛り上がって?楽しい一日でした
次にお逢いするのは5月5日の三木山フォルクローレ音楽祭。西日本最大のフォルクイベント
海soraはジュースと花結びアクセサリーを出店しますので見かけたときは声をかけてやってくださいね

海soraの農家日記(藤祭り2011 『ふ』の字…)

GWと言えば今年も藤祭りの季節です。(告知が遅くなってすんません) (^^;
今日の朝から設営に入りました。今年は例年になく藤の花が咲いていない『藤祭り』となりそうです

近くの山藤もイマイチですが 藤公園は一応、開花しています。公園に居ると微かに藤の香り

p4250202 p1010199 p1010200

足りない分は山藤を飾り

p4280227

2011 藤祭り
日時:2011年4月29日(金) 午前10時開始 午後3時終了
場所:大三島 藤公園

演奏時間
茶室
1回目:10時~10時15分
2回目:13時~13時15分

ステージ
1回目:11時   ~12時30分
2回目:13時30分~15時

出演
「橋本仁(MAYA)&近藤眞人(タンタナクイ)スペシャルユニット」
ギターデュオ 「山田恵範&岡崎泰正」
アルパアンサンブル 「ラス・マンダリーナス」

お茶室でお抹茶を頂いたり、演奏を聴きながら出店を回ったりと賑やかなお祭りです

地域密着の祭なんですがなぜか盛り上がり、ステージも豪華です(フォルクファンは必見)
お時間をあけてぜひおいでください。たくさんのご来場をお待ちしています

海sora@はやし亭も出演者の皆さんをお迎えする準備を進めています
今年はネパール人シェフ?のアジャルさん特性スープカレーを仕込んでもらいました。ホントに絶品ですよ(^^

ある時は床下にもぐる探検家?ある時はシェフ?のアジャルさん

p4270223 p4270224

さて、僕はこれから藤公園に戻って茶室とステージを設営に行ってきます

*ぎょーむ連絡
ご連絡、告知が遅くなってごめんなさいね(浜さん) (^^

http://soracielo.cocolog-nifty.com/blog/

海soraの農家日記(国内旅行傷害保険)

17日にあった三倉でのマチュピチュ・エン・ハポン。三倉大明神様から「前夜祭から来ませんか?」と御誘いをいただき
イベントは前夜祭が楽しい!ので参加することにしました
で、その日は朝に島を出発することにし昼までに着いて小瀬川で渓流釣りをしようと計画
僕のデジカメの調子が悪かったので女将のデジカメを拝借したのですがもしも壊したりしたら大変とちょっと心配になってWebで調べたところ
ありました『国内旅行傷害保険(アウトドアプラン)』掛け金は500円からで携行品補償を着けても1,000円(^^

結局あまり渓相の良いところが無くてうろうろしているうちに夕刻。やっと見つけたヨサげなポイント

p4160053

少しだけ竿を出してみましたが時間も迫っていてすぐに納竿し駐車場に戻って着替えようとサングラスをかぶっていた麦わら帽に乗せて着替えていると
帽子を脱いだ拍子にサングラスが落ちてそれに気付かずに車を動かし、「あっ」と思った瞬間。タイヤでサングラスを踏んでいました…(;   ;

このサングラスはフレームがzeal 、レンズがTALEXで約20,000円と結構なお値段
偶然入った保険に携行品補償が付いていたので「もしかしてサングラスもか?」と

壊れたサングラスを持ち帰り 意味もなくかけてみた(アホみたい)

p4190114 p4190108

お家に帰ってから保険会社に電話して相談すると、「補償範囲内です」と。ヤタッ!
購入金額から免責3,000円と償却が半年で5%分差し引かれて無事に補償されました
明日からGWに入りますが御出掛の時は保険に入っておくのも良いかと(^^ 

帰ってきたzeal&TALEX(あやしい人の復活)

p4240167

*補償が出る事がわかり。サングラスを購入した 眼鏡のアトリエMOTOKI さんへ行って
作りなおしてもらったサングラスがこの間の日曜日に届きました
こちらMOTOKIさんは福山にある小さなメガネ屋さなんですが腕(釣りも?)も良ければ
アフターフォローもばっちりでお気に入りのお店です
(釣りの話しだすと止まりません)

眼鏡のアトリエMOTOKI  http://ameblo.jp/at-motoki/

海soraの農家日記(探検隊)

だいぶ気温も上がってそろそろ虫が出だす頃となりました
先週から『はやし亭』に仕事を持ってきているアジャルさん(^^ 
実は彼がこちらに来るのを僕は待っていたわけで…

なぜかと言うとこの季節に一度、家の床下にもぐって点検しなければならないことがあるのです
それは、白蟻(あの家を食いつくす恐ろしい蟻です)。このあたりは周りが畑の事もありふつうに白蟻がいるわけで
家が建って3ヶ月もした頃、家の女将が風呂場の扉にある壁をおしたら「ペコペコ?」になっていてグッと押したら
「ベコ」と割れて白蟻が巣くっていることが発覚。結局、業者に退治をしてもらいました
その契約が今年の10月で切れるのでその前に床下をcheckしたかったのですが流石に一人で入るのは嫌なので彼が来るのを心待ちにしていたのです

装備を整え、嬉しそうな?探検隊メンバーのアジャルと僕(^^

p42401723

第1の入口は洗濯機の下

p42401731 p42401741

2人してもぐり探索開始  福島のNEWSで見たような映像…  5年前にあった蟻道(ギドウ)跡

p42401751 p42401771 p42401811

特に問題もなく第一のポイントは終了し帰還

p42401821

第2の入口はキッチン  ほとんど真っ暗な中、ヘッドライトを頼りにホフク前進   こちらも気になっていたところをcheck

p42401831 p42401851 p42401861 p42401881

第3の入口は客間の押し入れ 白蟻には関係無いけど何となく光ファイバのケーブルを撮影(^^;

p42401891 p42401901

3か所ともcheckして終了。出口が眩しい…

p42401931 p42401941

皆さんも一度、お家の点検してみて下さいね。ってこんなことする人ふつうはいない(^^;

次回は半年後の9月末頃に実施予定(たぶんアジャルさんも来ます)です。他に誰か一緒にもぐってみたい人いませんか?
1時間ほどの非日常体験できますよ

海soraの農家日記(古城島甘崎城跡)

19日、用事で福山に行った帰りちょうど17時前に大三島ICから降りながら右手を見ると大潮の干底
年に数回、大潮のときに歩いて渡れる古城島が陸続きとなっていました

古城島甘崎城跡の看板と地続きになった古城島

p41901262 p4190118_14

こんなつもりではなかったのですが、2人して探検。僕はいつものゾウーリなので問題ないですが女将は御出掛用の靴で…
他に来ている人達はマテガイを採りに来ているようでそれなりの装備ですが僕たちはなーんも持ってないので記念撮影です

p41901282 p41901432

干上がった磯には建物跡?と思われる穴や溝が切り込まれています

p41901382 p41901422

一度行ってみたかった古城島に偶然にも行けて嬉しいです

ちょっとプチ観光でした

最近、周りに『城好き』というか『跡好き』の方が結構いる事が判明。何となく気持ちがわかったような?(^^