Calendar

2013 年 2 月
« 1 月   3 月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

カテゴリー

StatPress

Visits today: 36

海soraの農家日記(剪定講習その2)

柑橘農家は、今ちょうど剪定時期にあたる

うちの畑はほとんど剪定は終わっていますが今日、農協主催の剪定講習があるというので

勉強のために行ってきた。(偉いのぅ。自画自賛)(^^

剪定方法も十人十色でそれぞれに特徴がある。

「なぜそこ切る?」と思っても、それにはきっと理由がある(はず)

パッと見でいい枝もでて葉も繁り今年もなりそうな樹

p2201212

バンバン伐ってあっという間にスカスカ…

いわゆる、光をいれて風通しを良くするために窓を開ける剪定方式

p2201214 p2201216

今年は豊作年なのでこれくらい伐ってちょうど良いらしい

さらにせっかく伸びてる枝もちょんちょん伐って再来年用に予備枝を作る

p2201210

この予備枝剪定がまた難しいんだよね。樹毎にどのくらいの量を取って行くかやこの枝が

再来年どうなるかまで見通さないといけない

もう、何年も前の剪定方式に逆戻りしている様子

僕の師事する「道法方式」とは真逆なので僕にはできないが

道傍の樹なのでこれからここを通る度に1年間観察させていただきます。

ミカンだけではなく雑柑も剪定するという事なので次の圃場へ

(当然、品種によって特性が違うので剪定方法も変わってくる)

「せとか」という品種でハウスを建設中

p2201218

50mハウスでビニールを架けて施設栽培に切り替えるそうです

これで雨の日はハウス仕事ができて作業効率が上がるそうだが言い換えれば雨の日も休めないのは辛くない?(^^;

p2201209

紅まどんなの圃場に移った時に農家さんと継ぎ木の話をしていて

「継ぐんやったら穂木あげるよ」と言ってくれたのでありがたくいただきました

これで再来年、海soraの柑橘詰め合わせに【紅まどんな】の名前は規格上取れないので【愛媛果試第28号】が入る(予定)

p2201221

海soraみかん畑もまだ晩生ミカンとデコポンが残っているのでさっさと済ませてしまいたい

蜂さんの巣枠も作らないといけないし、春に向かってやること山積(^^