Calendar

2014 年 6 月
« 5 月   7 月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

カテゴリー

StatPress

Visits today: 136

海soraの農家日記(しまなみ歌舞伎)

7日の当日を迎えるにあたり、海老様のブログチェック(^^

ちょっとパロってfacebookに投稿。怒られては困るのですぐに正体を現す弱気な人です

海老様宮浦港(☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

img_2719

実はこいつです(^^;

img_2720

いつもは麦わらかタオル巻なんですが今日は現場作業員なのでヘルメット姿

10441340_604978242942661_8814247864363066506_n

大山祇神社境内に作られた巨大な舞台…

img_2716

8日は13;00からここで

歌舞伎ワークショップ

(1)日 時 平成 26 年 6 月 8 日(日) 13:00~14:00 雨天決行・荒天中止

(2)会 場 大山祇神社特設舞台(今治市大三島町宮浦) 入場無料

(3)内 容 しまなみの伝統芸能ワークショップ(太鼓)

歌舞伎のみかた(成田屋一門)

※本舞台にてレクチャー&デモンストレーション式により実施

チケットを持っていない人も本舞台で歌舞伎にふれるチャンスです。

沢山のご参加お待ち申し上げております

海soraの農家日記(御田植祭)

今日は旧暦の5月5日。大山祇神社で執り行われた御田植祭に神役・神輿守のご奉仕に行ってまいりました。

年に2回、春に御田植。秋に抜穂とあります。

11時半に現場到着。ってどうもまだイベント気分が抜けない(^^

img_2699

いつもは11時半に行くと一人ぼっちなのに今回は新顔?の方がいっぱいですでに10名程がこられていました。

暫くして着替えを済ませて回廊の外に出ると沢山のカメラマン(どシロート)。

今まで神輿守がシロートカメラマンの餌食?になることはなかったのに今年の「しまのわ」効果恐るべし…

img_2698

「こっち向いて笑って」と言われ思わず苦笑い(^^; それをパシャパシャ

iPhoneいじってると「あぁ~今時の画。もっと笑いながら触って」と言われ情けない笑い(^^; それもまたパシャパシャ

ちょうど女将が撮影しに来たので拝殿前でポーズ?とるとあっという間に撮影会となりパシャパシャパシャパシャ…

被写体として申し訳なく、思わず謝りそうになった(^^

img_2701

旧暦の5月5日梅雨入りしそうですね、やっぱり日本人は旧暦で暮らすべき。

お役を終えて三島宮司が

「明治になって太陽暦が採用され祭り事も新暦で行うように通達がありました。

何年かはそのようにしましたがやはり旧暦に戻し現在に至っております。これからもこの日に行えるように皆様のご奉仕に頼るものであります。

今後も、ご奉仕にご協力お願い致しますと共にお礼の言葉に代えさせていただきます」

と、締めくくられました。

海soraの農家日記(宗方櫂伝馬十七夜祭)

瀬戸内しまのわ2014民間企画認定イベント『宗方櫂伝馬十七夜祭』無事に終了しました。

御来場頂いた皆さん。

準備を含めご協力頂いた宗方地区の皆さん、今日のイベントの為に帰ってきてくださった皆さん。

イベントスタッフとしてご協力くださった皆さん。

本当にありがとうございました。只々感謝感謝

イベントの神様が見守る中、女神降臨(^^

瀬戸内しまのわ2014

img_2680

今日もツーショット(^^

img_2679

もう一人女神が堤防の上で観戦

これでこのイベントも成功間違いなし(^^

櫂伝馬で梵天、剣櫂の演舞から始まり

正装で舞う子役は皆素晴らしく感動的ですらある

img_2672

続いて神輿の登場

rimg0145 rimg0191

櫂伝馬を3艘結わえ神輿を乗せて船渡御。上空からの撮影もあります

rimg0230 img_2674 10383653_1496671520546930_9135978496547541759_n

この後、櫂伝馬の漕ぎ比べが始まり。

rimg0270

一番観客が盛り上がったのは船渡御でした。

僕がこの地に暮らすようになって櫂伝馬は漕ぎ比べをするものと思っていましたが

正式には十七夜祭という神事。この船渡御をみて一番大切なのは梵天、剣櫂の子役、続いて神様に見てもらう船渡御であることに気付きました。

地域の皆さんが本当に楽しそうで活気づいたことが一番の喜び。これが本当の地域活性化に繋がるものと感じます。

これからも伝統文化の継承をすることの重要性を教えられました

こうしている今も耳というか頭のなかにしっかりと残る太鼓の音。

ゆっくり流れる『オーラーエイヤー エヤーガエイ ホラ ヨヤサノサッサイ』の掛け声。

皆さん本当にありがとうございました

頭から離れません(^^