Calendar

2014 年 9 月
« 8 月   10 月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

カテゴリー

StatPress

Visits today: 88

海soraの農家日記(摘果みかん大人気?)

今の畑仕事は摘果

小さい実や傷のあるもの、枝に一杯生ってるのを落としています。

先日からちょくちょくお問い合わせがあったりで「摘果みかん欲しいんですけど」って

今日も県の方からの問い合わせで「サンプル送って欲しい」と言われ

こんなふうに指で挟んでチギル(^^;

img_3313

サンプル採りました。

img_3310

今年は夏場の雨で酸抜けもよく(糖度は少し低めですが)食べやすいミカンになりそうです

摘果みかんのおっきのはもうそのまま食べれそうな出来

海soraの農家日記(八月の祭り)

旧暦8月15日に近い日曜日に行われる島の祭り。

今年もありがたい事に神輿を担ぐお役をいただきました

こうして地元のお祭りに読んで頂き参加させていただけることに本当に感謝感謝

前々日に音頭の練習も終えて準備万端?

img_3282

今年は9月7日と言う異例の早さだったので暑さが心配されていましたが当日は曇天で涼し~(^^

img_3284

女将が宮出しの写真撮ってくれました

10686917_794544170566281_670891428831028452_n

当屋へついて「させ、させ」の掛け声に答えて神輿を差し上げ。

10686716_794544137232951_286220476264946728_n-1

この後、宮入りを済ませ。夜の部は宗方名物の俄(にわか)

img_3291

今年も無事にお祭りが終わりました。

今宵、十三夜で月も綺麗

img_3288

前に宮司さんに聞いた話

——————————-

神道における神とは自然そのもの

気象、地理地形に始まりあらゆる事象に「神」の存在を認める。いわゆる「八百万の神々」であると

人(生き物全て)がその自然を感じ取り自然の中で調和とりながら生活する為の知恵や知識のヒントを

与えたり少し手伝ってあげたり。それが、日本の「神」がやっていた仕事の一つである。

日本人にとって「神」は、とても身近な存在であるということ

そして「明治天皇」の御歌を紹介してくださり

『眼に見えぬ神に向かひて恥ぢざるは人の心のまことなりけり』

*眼に見える相手が目の前にいれば、その相手に相対応することが出来る

神は眼には見えない。誰が見ていなくても、神だけは何処からでも見ていられる

神に向かっても恥づかしくない自分を持続け得るのは、

その人の「誠」以外にはない

常に何処にあってもいつでも、人の道として大切なことは「誠」の心である

——————————-

大三島に来て自然相手に暮らすことによって本当に大切なものを教えられる毎日です

海soraの農家日記(シーズンイン)

今日は朝から畑仕事。

17時から鶴姫まつりの決算打ち合わせ

19時半から大三島参道マーケット実行員会

img_3268

ダブルヘッダーなので終わる頃には21時回るなぁ。と、思っていると女将がおにぎり持たせてくれたのでエギングタックルも持ってGO! (^^

img_3269

鶴姫の打ち合わせをさっさと終わらせて釣り場へ直行。

宮浦の鶴姫像の近くでシャクるも反応無し…釣れそうな雰囲気なんだけど水深浅いからかなぁ

こういう時はさっさと諦めて実績PointへRUN&GUN

1投目からHIT!

今日のスタートは沖漬けサイズ。沖漬けの汁持ってないしもうちょっと大きくなって僕のエギに乗るように言いつけてリリース。

img_3272

この後も2杯ほど同じサイズを掛けました。これがここのアベレージ?

と思っていたら持ち帰りサイズが掛かり出し

次の打ち合わせ時間を知らせるアラームの中、最後の1投でまぁまぁのが来て終了

img_3278

これから毎日、耳からゲソ出そうなくらい釣ったる(^^

*追記

ぶどう日記 2014.09.02

data  2014.09.02

ピノ・ノアール 140cm (+22cm)

カベルネ・フラン 188cm (+33cm)

マスカット・ベリーA  102cm (+7cm)

カベルネ・ソーヴィニヨン 84cm (+14cm)

甲州ぶどう  83cm (+13cm)